印鑑について

書類などに印鑑を押す時ってなんとなく緊張しますよね。うまく押せなかったりするとがっかりします。履歴書にも捺印するところがありますが、履歴書を全部書いてから最後に捺印すると、きれいに押せなかったときに履歴書をまた書きなおさないとさないいけなくなるので、最初に捺印したほうがいいそうです。

さて、いろいろな場面でお世話になる印鑑ですが、たいていの方は印鑑を最低3つは持っていると思います。認め印と銀行印と実印ですね。認め印は宅配伝票や領収書などに押す日常的に使う印鑑です。もちろん認め印でも捺印すれば、民法上の契約の効力を持ちますので、認め印による捺印でも注意が必要ですよ。

それから、認め印と別に作るのが銀行への届け出に使う銀行印です。普段使いの認め印を銀行の届け出印にも使うのは、安全ではないですね。銀行印は別に作って大切に保管してください。銀行印用として販売されている印鑑は、認印よりも一回り大きいサイズの場合が多いようです。大きさは認め印と同じでもいいのですが、大きさを変えたほうが認め印と区別できるということで少し大きめに作っていることが多いようです。それから、銀行印として使えない印鑑もあります。たとえば、キャラクターものの印鑑や、ゴム印などの変形しやすい素材の印鑑です。

それから実印は、印鑑登録した印鑑で、婚姻届、不動産登記、保険などの受領に使用します。実印に使用される印鑑の材質としては、生涯に渡って使用できるように、耐久性のあるものがいいようですね。それから、印鑑登録する印鑑の彫刻は姓だけでも名前だけでもいいのですが、自治体によっては姓名が彫刻されていないと実印として登録できないところもあるので確認が必要です。

印鑑にはいくつもの種類があり、使い分けが大変ですね。

私ごとではありますが、最近大切な印鑑をなくしてしまい大変なことになりました。大急ぎで新しいものを作りましたができあがるまで時間がかかってしまいました。

その時どうしてもお金が必要なことがあり借入をしたのですが、最近では印鑑など不要で自分の身分証さえあれば借りれるんです!助かりました。私は専業主婦でお金を借りれるか心配だったのですが無事借りることができました。

その時の参考サイト↓

旦那に内緒でキャッシング※専業主婦でも借りれるカードローン特集!

コメントは受け付けていません。